• TOP
  • NETWORK NEWS
  • 話題
  • OECD国際比較:日本の教育への公的支出は34か国中最下位、高等教育の負担増

NETWORK NEWS

OECD国際比較:日本の教育への公的支出は34か国中最下位、高等教育の負担増

2018/09/13

 経済協力開発機構(OECD)は9月11日(パリ現地時間)、OECD加盟国や調査パートナー国における教育機関や教育に関わる人的資源などについて国際比較した「図表でみる教育」の2018年版(Education at a Glance 2018)を公開。OECDのホームページによれば、国内総生産(GDP)のうち小学校から大学までの教育機関に対する公的支出の割合では、日本は2.9%で比較可能な34か国中で最下位。OECD加盟国の平均は4.2%で、公的支出の割合が最も高かったのは、ノルウェーの6.3%。次いで、フィンランド5.6%、アイスランド5.5%、ベルギー5.4%、スウェーデン5.0%の順。

 とくに、高等教育への資金に占める家計負担の割合が増加しているため、各国政府は家計を支援するための金融体制を導入している。授業料が極めて高額な国々では、学生の少なくとも 75%が教育ローンを利用、または助成金を受給している。

参考:http://www.oecd.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 及びhttp://www.oecd.emb-japan.go.jp/files/000398872.pdf

一覧に戻る

まとめて資料請求

クリップした学校
0 クリップした学校はありません 全て見る

「クリップする」をクリックすると学校がクリップされます。
※クリップした学校へは、まとめて資料請求できます。

  • 横浜薬科大学
  • 二松学舎大学
  • 神奈川工科大学