NETWORK NEWS

仙台大:17年幼児運動向上へ「子ども運動教育学科」新設

2016/09/08

 東北で唯一の体育系大学、仙台大は、体力や運動能力の向上に関する知識を持つ幼稚園教諭や保育士を養成する「子ども運動教育学科」を2017年4月に新設する、と河北新報(9/8)が報じた。同紙によれば、東日本大震災の被災地で子どもたちの運動環境が制約されている現状を踏まえ、体力の発達を支援する人材が必要と考えた。新学科の定員は40人。

 幼稚園教諭の1種免許や保育士資格、民間資格の幼児体育指導者を取得できるカリキュラムを組む。幼稚園や保育所だけでなく、定員が19人以下で3歳未満児を預かる小規模保育や、事業所内保育、居宅訪問型保育でも活動できるよう、それぞれの現場での実習も実施する。専任講師は10人程度を見込む。このうち半数近くは外部から招く。大学は本年度、教職員が利用できる一時預かり保育所を学内に設けた。来年度以降は新学科で学ぶ学生の実践の場として保育所を活用する。仙台大では既存の5学科で中学校や高校の保健体育の教員免許が取得できるが、幼稚園教諭の免許や保育士の資格を得られる学科はこれまでなかった。

 

一覧に戻る

まとめて資料請求

クリップした学校
0 クリップした学校はありません 全て見る

「クリップする」をクリックすると学校がクリップされます。
※クリップした学校へは、まとめて資料請求できます。

  • mypage
  • 共通テスト速報
  • 横浜薬科大学
  • 二松学舎大学
  • 神奈川工科大学