NETWORK NEWS

千葉工業大:2度の打ち上げ失敗を克服、「メテオ」観測開始

2016/07/22

 2度のロケット事故に見舞われた千葉工業大惑星探査研究センターの流星観測カメラシステム「メテオ」が今月、観測を開始した、と朝日新聞デジタル(7/22)が報じた。同情報によれば、天候に左右されない宇宙で流星を長期観測するのは、世界初の試みという。プロジェクトのリーダーを務める荒井朋子上席研究員は7月21日、習志野市の同大学で記者会見し、「思いの外色々あって、ようやく観測できたことにほっとしている。これから重要な発見につなげていきたい」と語った。

 メテオは、高感度のカメラを国際宇宙ステーション(ISS)に設置し、約2年間にわたって流星を観測する計画。2度の打ち上げ失敗を経て、3月にようやく打ち上げに成功した。当初は4月にカメラを設置する予定だったが、米航空宇宙局(NASA)の作業ミスがあって遅れ、観測開始は今月7日にずれ込んだ。

 

一覧に戻る

まとめて資料請求

クリップした学校
0 クリップした学校はありません 全て見る

「クリップする」をクリックすると学校がクリップされます。
※クリップした学校へは、まとめて資料請求できます。

  • mypage
  • 共通テスト速報
  • 横浜薬科大学
  • 二松学舎大学
  • 神奈川工科大学